いちご肌の治し方の間違い

 

毛穴がいちごのブツブツのように見える「いちご肌」。
ネットにはいちご肌を治したという口コミがありますが、
間違った方法が多いのが事実です。
ここでは、いちご肌の間違った治し方について
指摘します。

 

 

 

毛穴ケア用の洗顔セットを使って治しましたよ!


いちご肌は、毛穴内の角栓が原因ですので、毛穴内まで届く粒子の細かい洗顔剤ならば
いちご鼻を治す事は可能でしょう。しかし、そもそも、毛穴になぜ角栓が溜まってしまうのか?という
根本的な原因を解決しない限りは、
角栓が溜まる度に、毛穴ケア洗顔を実施しなければなりません。
一番大切なのは、毛穴を綺麗にした後に、どう予防していくか?という事です。

 

 

 

ズバリ!サウナに入って毛穴を開き、粒子の細かい石鹸でクレンジングしたら必ず治ります!


これも、上記の人と同じく、毛穴を綺麗にする事ばかりに意識がいきすぎていて、そもそも、毛穴に皮脂や汚れを溜めない為の対策
の部分が抜けています。

 

 

 

毛穴の角栓は保湿が大事!って聞いたので保湿性の高い乳液をつけています。以前よりは、だいぶ良くなってきて、私のいちご肌も目立ちにくくなりましたよ!


これも惜しいのですが、若干、答えと違います。
確かに毛穴の角栓は皮膚表面にある毛穴角層の乾燥が原因で、どんどん皮脂や老廃物が出ていかずに溜まるのが原因で発生します。
しかし、そもそも乾燥肌の人が永遠と化粧水や乳液で肌を保湿し続けるのは非効率的とも言えますし、根本的な解決になっていません。

 

 

オロナインを塗って、毛穴パックで全部とってやりましたよ!!


この方法はおススメできません。オロナインの正しい使用方法では無い上に、毛穴パックで角栓を根こそぎ除去するのは
見た目にこそ、気持ちが良くて、改善できるように感じますが、結論を言うと、余計に角栓の出来やすい肌にしてしまう事になります。
なぜなら毛穴パックで角栓を除去する瞬間、毛穴が大きく広がるので、またそこに汚れや皮脂が今よりも多く溜まってしまうのです。
毛穴パックで除去すればするほど、次はもっと大きな角栓になり、除去の際に皮膚を傷つけるリスクも更に高くなってしまうのです。

いちご肌を治す本当の方法って?

 

まず、毛穴の角栓は男性ホルモンのアンドロゲンという
体内ホルモンによって毛穴から皮脂分泌されて固まったものです。
通常、皮脂は身体中のどこからでも分泌されており、
それが毛穴内で溜まるのは、ある条件下でしかありえません。

 

その条件とは「毛穴入り口が乾燥して固くなっている時」です。
つまり、いちご肌の原因とは「アンドロゲン」と「皮膚乾燥」の2点という事です。

 

ここまで来れば、いちご肌を改善し、
治す為にはどうするべきか、もうおわかりですね?
いちご肌を改善する為の本当の答えとは
「男性ホルモンを抑えて女性ホルモンを優位にする事」と
「お肌の乾燥を防いで保湿する事」の2つ
です。

 

前者の方法論については沢山の方法がありますが、食生活の改善が1番効果的です。
後者の方法は簡単です。
専用の保湿化粧品を使用すればいいのです。

 

いちご肌を改善する化粧水

 

お肌の乾燥やトラブルを未然に防いでくれるニキビ専用の化粧水にリプロスキンがあります。
リプロスキンはお肌の奥の奥の角層まで潤い成分を浸透させ、
次に生まれてくるお肌までも潤いを与えるように開発されています。

 

これは、いちご肌に対する角栓予防に対しても効果が高いです。
粒子の細かい毛穴用のクレンジングを実施し、リ
プロスキンを使用するようにすれば今まで治らなかった、
いちご肌が嘘のように治るでしょう。
あなたが、いちご肌でお悩みなら、リプロスキンを試してみてはどうでしょうか。